ワールドゲームズの変遷
オリンピック競技以外の国際スポーツ連盟(IF)の多くは、その競技がオリンピックの公式プログラムに新たに加わることを望んでいますが、オリンピックは回を重ねるごとに規模が拡大し、新たな競技種目を加えることが非常に困難な状況にあります。そこで1970年代にIFの中からオリンピックに匹敵する世界的な大会を開催し、人々やメディアの関心を集めようという動きが出てきました。その動きは1980年5月21日に韓国のソウルにおいてオリンピック競技に入っていない12のIFにより「ワールドゲームズ協議会」(WGC)が設立され具体化しました。第1回大会は1981年にアメリカのサンタクララで開催され、その後WGCは、国際ワールドゲームズ協会(IWGA)と改称。その後、回を重ね、第10回大会は2017年にポーランド共和国のヴロツワフ市で開催され、参加国数は過去最多の102カ国・地域となりました。大会には毎回、日本からも多くの選手が参加しています。2001年の第6回大会はアジア初の大会として秋田県で開催し、NHKの総合・Eテレ、BS1(大会期間中毎日50分間)で全国放送された他、海外130カ国に配信されるなど、国内外から大変注目されました。
  開催年 開催地 実施競技
(公式・公開)
参加国
地域数
参加選手数
1 1981(昭和56) サンタクララ(アメリカ) 15(15・0) 9 1,265
2 1985(昭和60) ロンドン(イギリス) 20(20・0) 57 1,550
3 1989(平成1) カールスルーエ(旧西ドイツ) 19(17・2) 49 1,965
4 1993(平成5) ハーグ(オランダ) 25(21・4) 49 2,275
5 1997(平成9) ラハティ(フィンランド) 27(22・5) 75 1,725
6 2001(平成13) 秋田(日本) 27(22・5) 93 2,193
7 2005(平成17) デュイスブルク(ドイツ) 32(26・6) 93 3,205
8 2009(平成21) 高雄(チャイニーズタイペイ) 31(26・5) 84 2,908
9 2013(平成25) カリ(コロンビア) 30(26・4) 98 2,929
10 2017(平成29) ヴロツワフ(ポーランド) 31(27・4) 102 3,214
11 2021 バーミングハム(アメリカ) 34(30・4) 未定 未定
ワールドゲームズについて
The World Games 2021
イチからわかる、ワールドゲームズQ&A
toto
SPORT FOR TOMORROW
笹川スポーツ財団
ページの先頭に戻る