2013年 カリ大会(第9回)
THE WORLD GAMES 2013 カリ大会 7/25-8/4
  • カリ大会TOP
  • 関係者からのメッセージ
  • カリ市の概要
  • 日本人選手一覧
  • 日本人選手結果一覧
  • カリ大会報告書(PDF)

フォト&ムービー 撮影:JWGA

4万人の観衆を集めた パスカル ゲレーロ スタジアム

日本選手も開会式に参加

カリ大会は世界101の国・地域から3,000名以上の選手が参加

CALIの人文字

コロンビア国旗、IWGA旗、IOC旗を大会期間中掲揚

競技初日に行われた相撲

コロンビアでも相撲は大人気!会場も満員

日本は金メダル2個、銅メダル2個を獲得!

女子相撲もスピード感溢れた取組が魅力

ラケットボール柳監督、IF会長、JWGA渡邉執行理事

脇本選手(中央)対コロンビア戦

闘牛場で行われ、大観衆を集めたダンススポーツ

金メダル3個、銅メダル1個を獲得した空手道。日本は圧倒的な力を見せた。

ビリヤード 左から、竹島選手、赤狩山選手、梶谷選手

水中スポーツ日本チーム。尾形・山岡・藤巻・有路選手・吉澤監督。フライングディスク競技を応援!

パワーリフティング北村選手は大人気(写真左)。福島選手は銅メダル獲得!

ローラースポーツ会場(スピード)

スピードローラースケートはコロンビアでは絶大な
人気スポーツ

フィールドアーチェリー林選手

永尾監督。写真左:JWGA渡邉執行理事 右:小野会長

フィールドアーチェリー遠藤選手

武術太極拳 岸選手

下:フライングディスク日本チーム 疾風(HAYATE) 右上:試合終了後、互いに肩を組み健闘を称え合う(イギリスチームと)

ボウリング女子:手島選手 男子:佐々木選手 シングルス・ミックスダブルスに出場

スカッシュ会場

スカッシュ姉弟で初出場 小林海咲・僚生 選手

試合の間に潮木監督と

体操競技は連日大歓声に包まれ開催

日本はトランポリン競技に出場(シンクロナイズド上山・坂本選手)

スポーツアクロ体操

エアロビックは金メダル4組

カリ市郊外にもかかわらず連日大勢の観客を集めた
エアースポーツ

降下速度は時速100km以上の大迫力

パラグライディング競技 古賀選手

会場は広大な空軍基地を使用

綱引:女子はインドア、男子は屋外の芝生の上で競技

綱引:日本不参加競技

フィストボール:日本不参加競技 芝生の上で行うバレーボールに似た競技。スピード・パワー・テクニックが求められ、見応えのあるスポーツ

ビーチハンドボール:日本不参加競技

ライフセービング日本チーム (写真提供:日本ライフセービング協会)

カラフルで巨大なスポーツクライミングのボード

空手道等の競技会場

開・閉会式が行われたスタジアム

体操等の競技会場

市内の丘から見たカリ市。
写真中央の開・閉会式が行われたスタジアムはカリ市のシンボル施設

丘の上のキリストの像(約30m)

競技場内の飲食店

コロンビアでは樽を抱えペットボトル飲料を販売

陽気な南米の方の大歓声が選手や大会を盛り立てた

どの会場も老若男女、たくさんの人で溢れていた

各会場、特に親子での観戦が多く見られた

各会場、日本国旗を振って応援された現地旅行代理店の方

市内には素朴な運動場がたくさんある。

各会場では警察官・警備員による厳重な
セキュリティーチェック

今大会では8,500人の警察官がカリ市に動員された。

コロンビアは騎馬隊の警察官も多い

会場内ではドーピング検査も実施

選手のコンディショニングブース
(スポーツカイロプラティック:FICS)

IF関係者などが宿泊するVIPホテル(SPIWAK)

IWGAの協力により正面エントランス脇に日本デスクを設置

今大会は3,500名のボランティアに支えられた。10代の学生が多く、「カリ市にとって重要なスポーツイベントなので参加したいと思った。」、「世界から様々な人たちと交流ができる貴重な機会なので参加したいと思った。」などの参加動機が多かった。
前回の高雄大会同様、若者を中心にホスピタリティー溢れるボランティアの力が大会運営を支えた。閉会式ではIWGAロン・フローリッヒ会長もボランティアを大きく称えた。(各国の選手・関係者からプレゼントされたピンバッジをとても喜んで、たくさん身に着けているボランティアが多かった)

閉会式で感謝の言葉を述べるIWGAロン・フローリッヒ会長

ムチャス グラシアス カリ(本当にありがとう!カリ)
:ドイツ横断幕

選手・役員・ボランティアなど、数千人が入場行進。温かみを感じる閉会式であった。

観客席と見分けがつき難いくらいフィールド内は選手・役員・ボランティアで埋め尽くされた。

第1回大会から第9回大会のワールドゲームズポスター。
右端の中央は第6回の秋田大会、その下が第9回のカリ大会

IWGAから寄贈された今大会の金・銀・銅メダル
(写真上:表面 下:裏面)

大会について
日本人選手メダル獲得数
The World Games CALI 2013 Photo&Movie
The World Games 2017
The World Games CALI 2013
The World Games 2009高雄大会
国際ワールドゲームズ協会
toto
SPORT FOR TOMORROW
笹川スポーツ財団
イチからわかる、ワールドゲームズQ&A
ページの先頭に戻る