2001年 秋田大会(第6回)
1996年10月、モナコ・モンテカルロで開かれた国際ワールドゲームズ協会(IWGA)総会で秋田県知事が契約書に調印し、第6回大会(2001年)の開催に日本から立候補していた秋田県が、正式に承認されました。
これを受け、秋田県は同年、民間企業、民間人を中心として、「(財)秋田ワールドゲームズ2001組織委員会(AOC)」を設立、県が全面的にバックアップすることで準備に入りました。
大会は、2001年8月16日(木)〜26日(日)の11日間、秋田県内の8市町村で開催され、過去の大会を上回る93の国と地域から4,054名の選手・役員が参加、競技種目も過去最多である公式競技26、公開競技5が実施され、観客数は30万人に達しました。報道も全国紙、雑誌が大きく取り上げた他、NHKが毎日全国にテレビ放送し、130カ国以上の海外でも放送されました。大会期間中は一般市民に対する競技種目の体験コーナー、バザール、音楽会、ショー等の文化イベントも盛んに行われ、ワールドゲームズ一色と言えるほど盛り上がりを見せました。
費用についても、県や市町村の負担金や、民間の協賛金、寄付金、入場料などの収入が、支出総額の22億1千万円を大幅に上回る黒字で決算を終了し、国際大会として大成功しました。
記録資料
公式報告書
招致資料
秋田大会記録動画
秋田ワールドゲームズ2001
青空のもと、開会式には1,600人の選手・役員と11,507人の観客が集まった。
秋田ワールドゲームズ2001
なまはげを先頭に入場する大会旗、IF旗、競技別選手団
秋田ワールドゲームズ2001
左:IWGA ロン・フローリック会長/右:秋田県 寺田典城知事
秋田ワールドゲームズ2001
左:世界一大きい鷹巣町の綴子大太鼓/右:秋田の郷土芸能「竿燈」
競技種目(公式競技、公開競技)
公式競技
ビリヤード、ボディビルディング、ブールスポーツ、ボウリング、キャスティング、ダンススポーツ、フィストボール、フィールドアーチェリー、フィンスイミング、フライングディスク、新体操、スポーツアクロ体操、エアロビック、トランポリン、タンブリング、柔術、空手道、コーフボール、ライフセービング、オリエンテーリング、パラシューティング、パワーリフティング、ローラースケーティング、ラグビー(7人制)、綱引、水上スキー
公開競技
合気道、ゲートボール、綱引(女子)、相撲、ビーチハンドボール
大会について
The World Games 2017
The World Games CALI 2013
The World Games 2009高雄大会
国際ワールドゲームズ協会
toto
SPORT FOR TOMORROW
笹川スポーツ財団
イチからわかる、ワールドゲームズQ&A
ページの先頭に戻る